過払い金請求は法律事務所で

過払いしていませんか? UP

Last update:2014/9/16

過払い金請求は法律事務所で

最近では一時期より少なくなりましたが、消費者金融にお金を借りた人がその利息を払いすぎたことによる過払い金の返還が大きな問題となっていました。
この過払い金の返還については、法律で定められた利息以上の利息を消費者金融が借入者より徴収していたことから、問題となっており、裁判で過払い金の存在が確定したことから、多くのお金を借り入れた人が消費者金融に対して弁護士を通じて裁判を起こしたり、司法書士を通じて消費者金融を訪れたりしていると言われています。
一般的にこうした事項は、法律に基づいて処理するのが妥当なため、個人で消費者金融を訪れて相談するよりも法律事務所を通じて動くことが賢明といわれています。
法律事務所には、過払い金の返還業務に長けた弁護士や司法書士が在籍していることから、どのように対応すればこうしたお金を取り返すことが可能か教えてくれます。
また、その後の裁判などの法的措置についても、法律事務所が良いと言われています。

過払い金は簡単に返還請求できる

過払い金は比較的簡単に返還請求をしてもらうことができます。
そもそも、過払いと言うのはお金を借りた消費者金融に対して借金の返済をし過ぎてしまう問題のことを言います。
なぜこのようなことが起きてしまうのかと言うと、消費者金融が設定する金利の範囲に問題があるからなのです。
従来までは、消費者金融のサービスには二つの金利に関する法律が存在しました。
一つは利息制限法という法律で、もう一つが出資法という法律です。
これら二つの法律の大きな違いは、その上限範囲の違いにありました。
消費者の観点からすれば、上限金利が低くなる利息制限法によって融資がされることが好ましいのですが、融資をする消費者金融はより利益の大きくなる出資法をもとに融資を起こっていたのです。
そのため、実際に利息制限法で融資をされた消費者とそうでない消費者には、金利の範囲に関して違いが生じることになりました。
この金利の範囲の違いのことをグレーゾーンというのです。
このグレーゾーンの金利の範囲の支払い金のことを過払い金と呼び、こうした問題は行政でも問題として取り上げられたため、法改正によってグレーゾーンで支払ったお金は消費者に対して返還が容易になったのです。
元々、金利を設定する権利は消費者金融にあるのですから、この問題の根本は消費者金融の裁量権にあります。
そのため、消費者には何の非もありません。
実際、払いすぎたお金は法律的な手続きを通すことによって簡単に取り戻すことが出来るため、困っているときは相談をした方が良いのです。

recommend

10センチ単位のご注文もお受けいたします。

生地 通販

珍しい種類のお茶も多数ご用意しています。

台湾茶の烏龍茶

新しいデザインも続々登場しています。

名入れグラス

細かいサービスが充実しています。

海外転送

福岡市近郊で出張買取しているリサイクルショップ

リサイクルショップ 福岡

Last update:2015/9/3